ネット上の会議の有効性

会議

従来との違い

離れたところにいても、インターネットを介してリアルタイムにミーティングできるWeb会議システム。以前から存在しましたが、当時はサーバーやインターネットインフラが未発達で実用化は難しかったのです。しかし技術の進歩とともにコストも抑えられ、大企業のみならず中小企業でも積極的に取り入られるようになりました。会議を開くとなると、メンバーの日程を調整して会議室を抑えてといった手間やメンバーの制約がありますが、Web会議はネット環境が整っているところならどこでも参加することができ、会議に合わせて出張を調整するという手間も取りません。システム構築も、パソコンweb会議用のソフトをインストールし、Webカメラとマイクを準備するだけで大掛かりな機材が必要ないことも特徴です。またWeb会議のシステムは、会議のみならず様々な用途があります。従業員の研修やセミナーも、オンラインの社員研修にすることで移動のコストや会場費を抑えることが出来ます。製品によっては挙手機能などセミナ向けの機能を備えたものもあります。また在宅勤務やサテライトオフィスからの状況把握も一目瞭然です。近年働き方改革で在宅ワークが推奨される業種もありますが、そのような人にも業務の進捗を共有しやすくなります。出張が多い有能な人ほど、重要な会議に参加することが出来ず情報の共有がままならないこともありますが、Web会議のようなコミュニケーションに場所を選ばないツールの登場で、その垣根も取り払われるでしょう。

Copyright© 2018 Web会議導入で業績を上げよう【会社にとって利便性の高い方法】 All Rights Reserved.